スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告 | page top↑
こりずに備忘録。。。
2007 / 08 / 28 ( Tue )
こんにちは、クロフネです。

だいぶ勉強モードになってきて、1日何時間も勉強できてます。
それなのにブログが書けるって、こんな成年男子でいいのかって感じです。

さて、前職の反省を活かすべく備忘録を書きます。
ネガティブなので、飛ばして下さっても結構です。

「HG所長を反面教師として、あらためて思ったこと」

完全な人なんてどこにもいないし、クロフネが人の振り見て我が振り直す的なことを言うのもおこがましいのですが、でもほんとにおかしい人なんですよ。

1.やっぱり人とは誠実につきあったほうが良い。
HG所長はとても口がうまく、その場で人を納得(というかあきらめ)させる技術はかなりのものでした。

ただ、その反面、口からでまかせ的なことも多く(しかもいつも自分の理屈を押し付け)、職員はもとよりお客様に対してもころころコロコロ言うことが変わり、毎回お客様からクレームを頂いていました。
お客様が理解不十分でしかも望んでない不正を提案して、それをコンサルだと言ってみたり、問題が発覚しそうになればお客様の自己責任をうたったりもしてました。ほんとに税理士か!?

職員同士では、○月○日分HG法改正がありました~、なんて言いながら回覧回したりしてましたが、○月○日分HG法改正の午前版と午後版で内容が全く違ったりして、大変でしたねー。
しかも忘れてるくせに逆ギレしてみたり。
しかも職員に心理学の重要性を説いてみたり。
だから、この人誰からも信用されないんだよなー、とあわれんでました。
「僕は雇用主だから君たちを従わせることができる」
的なことは、思ってても言わないですよね、普通。

あとセクハラも良くないですよね。
ズボンが好きな女子社員にピンクのミニスカートをはいてきたらと何度も言ってみたり、辞めるといった女子社員に毎晩電話してみたり、事務所で女子社員とふたりっきりの時に「辞めてからヒマな時何するの、H?」って聞いてニヤって笑ってみたり、新人研修でなぜか女子社員とホテルに宿泊しようとしてみたり(もちろん部屋は別ですが)、誰も知らない女性が一枚ずつ脱いでいって全裸で陰部がはっきり見えているまでの一連の流れの画像がサーバーの中に置いてあったり。

小さい会社・事務所では、大きなところに比べて特に人間関係は大事だとわかりましたので、自分がもしトップになったとしても職員との人間関係を大切にすることを心がけるようにしたいです。(当たり前のことですよね。)
HG所長に関してはお客様に対しても対応はひどかったですが。

2.理想の現実化は重要
HG所長は野心家なのでいろいろやりたいことがありました。
それ自身は全く問題なく、やりたきゃやればいいと思います。
たた、やるにあたって、現実化するスキルがないのにやるのは大変です。
理想を唱えるのは簡単ですよね。なんとなくの漠然としたイメージでいいので。
でも、それを実現化するのはとても大変です。
大体の骨子を決め、それから細部をつめなければなりません。
それらを行うコストも考えなくてはいけません。

そのコストの概念がない。

新しいことをやるのだから当然時間がかかります。
通常業務をこなしてからやるのであれば、それなりに通常業務を他の誰かに割り振りするなりして、時間を空けなければなりません。
もちろん、自分なりに工夫してってのもあるとは思います。
でも、通常業務で残業してるのに、どうやってそれ以上のことをやるの?

職員が年収1000万稼ぐというセミナーを受けて帰ってくれば、自分の事務所との違いを検証せずに、持ち前の行動力を生かし、即実行。
クロフネは、2日に1日は23時過ぎて事務所を出てました。
それに担当を1.5倍にすると言われ、気持ちが切れました。
そんなことを言いながらも、定時に帰れるように仕事を切り上げろって言ってくるんですね。
しかも油断すると意味のないビデオ研修を入れてくるんですよね。これが生産性がなくてまたむかつくんですよねー。

何かをやるときは
①要件定義
②計画
③机上で検証
④お試し実行
⑤その検証
⑥導入
て、くらいの流れは踏むでしょ。普通。

それを現代社会はスピードが重要、って得意の善解釈。
正直、元システムエンジニアとしては、このやり方では延々と計画倒れが続くだろうな、と思ってました。(別にSEじゃなくたって思うか)

3.自然体が一番
HG所長は、プラス思考とか物の考え方がどうとか、そんなことがとっても大好き。好きなだけで実践はしない。
だからそれ関係のビデオ研修をしたがるんですよね。時間ないのに。
もちろん、物事をプラスに考えることは時には有用だと思います。
でも単純にそれだけでいくと、猪突猛進になっちゃいますよね。
バランスが悪い人がそれだけやるなら、かえって悪い結果がでることもあります。
それなのに自分のことを棚に上げて人の考え方を強制させようとすることの愚かさを改めて感じました。

正直なところ、クロフネもプラス思考とかそういうの好きです。
前向きに生きていけますし、明日への活力になりますし。ここまでネガティブに書きながら。。。
でも、やっぱり考え方を人に押し付けるのは良くないです。
人は人、みんなの個性を一番に考え、それを伸ばしてあげるような形でいくのがいいと思うんです。

ネガティブで素直じゃない人から、ポジティブで素直になりなさいっていうのを、延々いわれるのも中々苦痛でした。

このへんでやめとこう。
はー、ネガティブだな、書いてて嫌だなー。
ここまで読んでいただいたみなさん、かなり愚痴っぽくてごめんなさい。
でも、この中で下手したらクロフネもやりかねないこともありますし(いや、ないか。。。)。

結論としては、人とうまくつきあわないといけないな、と改めて思いました。
税理士業界において、事務所を拡大するためには二つの方法があると思います。
①講演・著書・メルマガ等の不特定多数を対象とする方法
②自分の縁・既存顧客の縁・職員の縁等の人間関係を対象とする方法
事務所の能力が低い場合、自分自身の能力が低い場合も含め、①は誰にでもできることではないと思うので、やはり②が重要でしょう。
(1)身内・知人になんとかお願いする。
(2)まじめに仕事をして、良好な人間関係を築く。
(3)さらに紹介してもらい、頑張る。
(4)1人では限界が来るので、職員を雇う。
(5)職員とも良好な人間関係を築く。
(6)さらに職員にも紹介してもらう。
こんな誰でも考えそうな事ですが、下手を打たずおごらずにやるのは、能力・人格を必要とするんだろうな、と感じました。
スポンサーサイト

テーマ:職場でのできごと - ジャンル:就職・お仕事

13:37:58 | 仕事をしてた時の事 | トラックバック(1) | コメント(0) | page top↑
<<就職決まりました! | ホーム | 無事退職できました(^▽^)>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://21type.blog19.fc2.com/tb.php/54-7ed584d1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
概念概念(がいねん)・コンセプトとは、物事の総括的・概括的な意味のこと。ある事柄に対して共通事項を包括し、抽象・普遍化してとらえた意味内容で、普通、思考活動の基盤となる基本的な形態として頭の中でとらえたもの。その概念を言葉で表現されたものを「名辞」と呼び 心理学ってすごい?【2007/10/01 10:58】
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。